サービス提供業者としての責任

 すっかり12月。ブログ放置しまくってました(^-^;)
 年末が近づき、抱えてる仕事がこなせずてんやわんやしています。

 今日の夕方、突然会社のネットが繋がらなくなりました。
 どうもDNSでアドレス解決ができていない様子で、IPでWebサイトにアクセスすると見れる状態。
 プロバイダーはASAHI-NETなんですが、いったん回線を切断し、再接続しようと思ったら接続できない!
 んー?NTTの問題かな?と思いつつも、バックアップの別プロバイダーで接続すると、すんなり接続できました。
 て事はASAHI-NETの障害?
 早速、ネットでASAHI-NETのサイトにアクセスするも繋がらず。googleで検索したらTwitterに大量の書き込みが。
 みなさんの回線障害で困ってる「つぶやき」が大量に引っかかってきました。
 障害情報もTwitterが一番最速。改めて「つぶやき」のすごさを思い知りました(笑)

 先ほど、ASAHI-NETへの接続が出来るようになり、ASAHI-NETのサイトにも繋がるようになりました。
 早速、障害情報を見たのですが、たった1行だけ。
 「ASAHIネット全サービスを利用できませんでした」

 おいおい。繋がらないのは解ってますって!状況とか原因を知りたいのに「申し訳なさ」や「すみません」感が全く感じられない障害情報ページ。少し憤りを感じました。

 弊社も各種Webサービスを提供しておりますが、もちろん障害が無いわけじゃありません。
 時には数時間もサービスを利用頂けない状態に陥る事もありますが、必ず詳しい原因と対処、今後起こらないように対応する事を掲示するようにしています。
 それが「サービス提供者の責任」であり、一般的に「あたりまえ」だと思っております。

 今回の障害情報の簡素さ。もう少し「サービス提供者」としての姿勢を見せて欲しいものです。

 さて、先日よりスタートした新プロジェクト。恐らく2012年までかかりそうな大がかりなモノですが、時間の合間を見つけて少しずつ進めていきましょうか。
 それより、今抱えている開発案件を片付けなければ・・・

 

Comments

No comments so far.

Leave a Reply

 
(will not be published)
 
 
Comment