実際の景況感

何かと忙しくブログ放置していました(^-^;)
今年に入って景気の悪さを口にする人が多く、私のそのうちの1人です。
最近、景気がマシになってきたという意見も聞きます。今年も半年が過ぎたところ、気になったので多種多様な業種の方とお話するついでに景況感のような事を簡単に聞いてみました。
アンケートのように真面目に項目決めして聞いたわけではないので正確さに欠けますが、結論からいいますと、景気が落ち込んだと思っている方で実際経営上キャッシュフローが厳しくなった方は半分ぐらいです。
もちろん、私のメインとするソフトウェア業界はいつになく悪いですが(泣)
キャッシュフロー云々じゃなく案件が全くないじゃないかぁ!!!!っと愚痴っても仕方がないので先へ進みます。。
今は業界単位で景気の良し悪しではなく、やはり「企業単位」で景気に左右されてるみたいです。
やはり、あたりまえの事ですが「独創性と話題性」を持っている企業は景気なんか関係なく好調に業績を伸ばしています。
なので「製造業全体が落ち込んでいる」と言われながらも、独自の技術や発想をもって突き進んでいる企業は「景気なんかなんのその」ですよね。
逆に一般的な小売業や卸については、やはり「独創性」が出しにくいのか販売が落ち込んで未だ景気が悪いみたいですが。。。
私の会社も「フツー」の事ばかりしているので、どうも盛り上がりません(><)
何か「お!?」と思える「独創的なもの」を作れるよう考えないとダメだなぁっと実感します。
話題性については、お客と協力して暗に進めている「あるプロジェクト」が完成すれば若干盛り上がるかなぁっと思っていますが、如何せん時間のかかるプロジェクトなので今年中には無理かもしれません。。。
なんとか今の世の中、生き残れるように死滅しかけている脳細胞を活性化させて頑張りますか(笑)

 

Comments

No comments so far.

Leave a Reply

 
(will not be published)
 
 
Comment