ソース整形の重要性

知人から、既存プログラム(PHPソース)の修正依頼がありました。
簡単そうな修正内容だったので、軽く受けたのですが、ソースを受け取ってビックリ!
とにかく、何がなんだかわからないソースの書き方なんです。。(汗)
私の場合、ソースには必ずコメントで「○○モジュール」とか「○○のための処理」とか、後々いじる時にわかるようコメントを入れて、しかも段落で細かくわけて分かりやすく書くんですが、今回受け取ったソースは酷い。。
変なところで改行されているし、とにかく「ダラダラ~」と書いている。
「これはダメだ・・・・・」
久しぶりにソースを見て断念しかけました(笑)
というのは、解読するだけで1日かかるんじゃないか?ぐらいの量なんです。
というか、こんな書き方でよくバグなく作り上げたなぁっと、なぜか少し尊敬です(笑)

結局、4時間ソース解読に時間を費やして、修正はわずか20分(笑)
めっっちゃ無駄な時間ですやん!!!と頭の中で叫んでしまいましたよ(^-^;)
しかも、どう考えても無駄な記述がたくさんあり、ついでにソース整形もしてあげました(笑)
そして聞いたみたんです、このソースの入手元を。。
すると、このプログラムは作成費を払ってワザワザ作ってもらったそうです。
しかも、このレベルで20万とか・・・・高すぎですよ!!!
わざと「解読できないように」作ってるとしか思えない。。。これがプロの仕事か?(笑)
今後は、事前に必ずウチに話を持ってくるよう強く言っておきました(笑)

私も急いでいる時はついついメチャクチャなソースになるんですが、後々面倒でも整形するように心がけています。
といいつつ、今日作業したお客さんから作成依頼をうけているWebサイト。
時間がなかったためダダーっと作ったので、今から整理タイムです。。。

 

Comments: 2

Leave a reply »

 
 
 

確かにソースコードの規則性や各名称の付け方等、は非常に大切だと思います。

webサイトにせよプログラムにせよ、更新やバージョンアップ等、後々の拡張性がメリットの一つでもあるわけで、構築時にそれをふまえた上でのマークアップが重要だと思います。

後々に他人に見られても恥ずかしくないソースコード・・・「(表面上では)見えない部分にもこだわる」のが本当のプロの仕事だと思います。

 

K’s-DEPT.,Ltd様

コメントありがとうございます。
確かに「表面」については真似すればプロらしく仕上げる事ができますよね。
だからこそ、プロとしての自覚というかこだわりというか「見えない部分」でどこまで出来るか、がプロの仕事ですね。
そう考えると、私の場合はまだプロになりきれてない感じがします(笑)

 

Leave a Reply

 
(will not be published)
 
 
Comment